書評

【感想】「夢をかなえるゾウ」は名言に溢れている

2021年7月19日

ブログを習慣化したい!

と思って、今、i PhoneのGoogleドキュメントに向かって喋っている。

喋った言葉をテキスト化してブログ更新を楽にする。

というのが目的でこの方法はお勧めです。

ウェブディレクターのYOです。

 

できれば毎日、1000文字でいいので書く

これが習慣化につながるコツ。

 

ということを、昨日どこかで読んだので、早速行動に移してみたがこれもお勧め。

1000文字くらいなら書けるだろう!という軽いノリでブログ記事作成に取り組める。

ということで、最近、読み直した面白い本。

というか、本棚におきっぱなしになっていた、大好きな本。

それが、「夢をかなえるゾウ」

by水野敬也

 

改めて読み直すと、以前読んだ時とはまた別の角度から素晴らしさがビンビン伝わってきたので、ご紹介します。

主人公とガネーシャとの、やりとりの中から生まれた名言の数々をピックアップします。

「やらずに後悔していることを今日から始める」

ガネーシャは言う。

「人を縛っている鎖なんてみんな同じなんや」

「今まで無理やったら、これからも無理や。

変えるならそれは「今や」。

「今」何か一歩踏み出さんと。

自分それ、やらんまま死んでいくで」

(参照P269  やらずに後悔していることを今日から始める)

これには正直凍りついた。

本当にそうだ。

やらずに死んだら後悔が残る。

残した娘や息子にもカッコがつかない。

今すぐに、やりたかったことを始めることにする。

そうだ、Google検定を受けて今月中に合格するぞ。

今からやる!

仕事と言うのは突き詰めていけば作業

仕事と言うのは突き詰めていけば作業ってこと。

仕事は「作業」や。

せやから、自分が仕事で幸せになりたかったら、自分が一番好きな「作業」を選ばんとあかん。

どんだけでも続けられる一番好きな「作業」を仕事にするんや。

それが仕事の正しい選び方や。

(参照P273 最後の課題2)

とガネーシャは言う

私は今日一日、この好きな作業に没頭してみたいと思う。

没頭したとしても決して苦にはならない。

なぜならば、作業したのちに、喜ぶお客様の姿が想像できるから。

そして、「作業自体が好きなこと」だから。

好きなことを仕事にしている、そのことが「幸せなこと」

ということに朝から気づくことができた。

この本を読んでよかった。

その日頑張れた自分をホメる

毎日寝る前に、自分がその日頑張れたことを思い出して「ようやったわ」てホメや。

1日のうち、絶対1つは頑張れてることあるから、それを見つけてホメるんや。

1日の最後は、頑張れんかったことを思い出して自分を責めるんじゃなくて、自分をホメて終わるんやで。

頑張ったり成長することが「楽しい」ことなんや、て自分に教えたるんや。

(参照P103 その日頑張れた自分をホメる)

この寝る前に自分が頑張ったことを思い出すのを日課にするのはとてもおススメ。

とともに、過去を思い出す時は、幸せで楽しかった出来事、幼年時代の懐かしい日々、先生の励まし、ライフワークの芽が出始めたことなど、楽しいことだけに思いを巡らせれるようにするのもいい。

未来についても同様で、実現可能な問題に目を向けるように心がけるのが吉。

これらをやると楽しい気持ちで、安らかな睡眠をとることができる。

夢をかなえるゾウ 1 /文響社/水野敬也
by カエレバ

 

 

人の成功をサポートする

ええか?自分が本当に成功したかったら、その1番の近道は、人の成功を助けること、つまり…

「愛やん?」   (参照P286 人の成功をサポートする)

著者のいうように、「全ての仕事は、何かしら他人の成功をサポートしている。」ことになる。

他人のビジネスが成功するように心がけて、真摯にサポートすることを人生の目標にすると結構頑張れる。

 

プレゼントをして驚かせる

今、ワシお客さん言うたけどな、自分の取引先や、上司も部下も、ある意味でお客さんなんやで。

そういう人から頼まれた仕事や、期待されていることを、ほんの少しでも超える結果出してみい。
そしたら自分の評価も上がって、次からどんどん自分を作ってもらえたり、尊敬されたりするもんやで

(参照P241  プレゼントをして驚かせる)

とガネーシャは言う。

確かに、上司も期待している、もしくはこの人だったらできるという風に思って、頼んでくるわけだから、お客様からの依頼だと思って、しっかり期待に答えなければ、そのうち頼まれなくなってしまう。

これこそが一番恐れるべきことだ。

期待の予想を超えるものを出すことに尽力してみよう。

 

必ず実行に移すこと

ガネーシャは言う。

自分は今、「座っとる」だけや。この意味、わかるか?

確かに自分はこうやってワシの話を聞いとる。

でもな、今、自分は何かを学んで、知識を吸収して、成長しとる思てるかも知らんけど、本当はな、成長した気になっとるだけなんや。

ええか?知識を頭に入れるだけでは人間は絶対に変われへん。

人間が変われるのは、立って、何かをした時だけや

(参照P255 )

うん、まさに名言だと思う。

昨日、セミナーを受けた。

とてもいいセミナーだったので、会社に報告書を出して、自分のパソコンに内容をまとめた。

で、いいことを聞いて、勉強になったので、満足して終わるところだった。

行動に移して、結果を出してはじめて、「良いセミナーだった」となる訳で、

必ず、行動して結果に結びつけるようにしよう。そうすると受けたセミナーの時間もお金も無駄にならない。

夢をかなえるゾウ

-書評

© 2021 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5