旅行

宮古島で隠れ家的リゾートホテル「RENN」をオススメする3つの理由

2014年1月4日

2013年の年末に家族で宮古島に遊びにいってきました。

その最終日に隠れ家的に人気のある極上リゾートホテル「RENN」に宿泊してきました。

事前に泊まった人のブログで感想を観て、期待しながら訪れました。

今、思い出しても、清々しい快適なリゾートホテルでした。

 

renn

宮古島で隠れ家的リゾートホテル「RENN」をオススメする3つの理由

 

理由その1:食事(朝食)が最高!!

renn

朝から紅芋が入った宮古そば、もちもちでつるつるの食感です。ラフテーも最高。

 

この時期、一泊朝食のコースしかないと思いますが、その朝食が素晴らしい。

こだわり抜いた食材と調理法で作られた創作沖縄料理は見た目も美しく、かつ味にもこだわりが感じられ、とても満足のいくものでした!!!その料理の一品一品が、思わず笑顔になるものばかりで、ゲストをもてなす愛情を感じました。

今回宿泊した各ホテルや民宿もそれぞれ魅力がありましたが、こと朝食に関しては、「RENN」はこだわりが半端なく、最高というほかありません!!

 

理由その2:ロケーション(場所)が最高!!

renn

宮古島はほぼぐるっと一周したのですが、オーナーのRENNさんの話しを聞いたという事もありますが、このリゾートホテル「RENN」のロケーションは最高です。

宮古島でも魚影が最も濃いと言われるインギャービーチを目下に最高に気持ちのいいオーシャンビューが堪能できます。

ワタシは、スピリチュアル的な事はあまり良くわからないのですが、快適かどうかは直感的にわかりますので、そういう意味ではとても快適な場所にあります。

いい「気」が流れているというのはまさにこのような場所の事をいうのでしょう。

この素晴らしいロケーションに、モダンで快適な建物がよく似合います。世界でも有名なベッドメーカー(名前は忘れた)の固めのマットレスを使っていたり、良く説明を聞かないと、どうやって使っていいかわからない高級なシャワール―ムだったり、全てが日常からかけ離れており、セレブな感じがして良かったです。(べたな表現ですみません)

 

理由その3:希望すればオーナーと語れる!!かも。

これは、たまたまRENNさんとのタイミングが合っただけかもしれませんが、夜に語り合う事ができました。

人としゃべるのが苦手もしくは喧噪を離れて静かに過ごしたい方には、あてはまらないかとは思いますが、ワタシの場合ほぼ同年代の方で経営をされていて(個人事業主で)宮古島の魅力を存分に知り尽くして、尚かつ、向上心を持って、自らのサービスにチャレンジしている「宮古島の在住の人」と話しをしてみたかった。

そういう意味でもRENNさんと話せたのはとても良かった!(ラッキーだった)

家族との食事が終わった後で、RENNさんと語らいの時間を持ちたく申し出たのですが、快く泡盛と豆腐ようをいただきながら宮古島の魅力やガイドブックにも載っていないような、話しをしていただきました。それだけではなくいろいろ、語りあかす事ができ、とても楽しかったです。

そして世界でも有数のパワースポットといわれる宮古島について、その魅力をたっぷり教えていただきました。

RENNさんありがとうございました。

宮古島の宿泊施設には大きく分けると、2種類あって、ワイワイするのが得意な民宿系と、お洒落なリゾートだけども、後は泊まる人の自由で好きにやってください、という控えめな感じの所がある気がします。

どちらもそれぞれ魅力はありますが、「RENN」さんはそのどちらでもない。

出過ぎず、されとて、サービス精神旺盛で、求めればどんどん面白い話しをしてくれます。ネタが豊富で楽しい魅力的な方です。(世界中のリゾートをご自分で回られています)

そして、しっかりとしたサービスがとても心に残ります。

宿泊にこられるお客様との出会いを大切にし、お客様が喜んでくれる事が嬉しい。

とおっしゃっていたRENNさんのところにリピーターが多い訳が理解できます。

ちなみに笑顔が素敵でめちゃ男前のRENNさん(オーナー)ですが、顔出しはNGだそうで、ここには写真はのせていませんが、とても気さくな方です。

以上、リゾートホテルは「RENN」が
最高だと思った3つの理由でした。

-旅行
-

© 2020 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5