旅行

タオ島からナンユアン島へいってみた・・・

2016年1月17日

タオ島に着いた翌日、朝9時から、ナンユアン島にボートで渡った。

ボートは家族4人で貸し切りでチャーターした。

センシパラダイスで手配してもらって約1000バーツくらいだった。

ナンユアン島へセンシパラダイスを離れてナンユアン島に向かう⬆⬆⬆

ナンユアン島ナンユアン島がみえてきた⬆⬆⬆

ナンユアン島ナンユアン島に上陸して桟橋を渡ってビーチに向かう⬆⬆⬆

 

以下、ナンユアン島です。

タオ島左側にある島にも浅瀬を歩いて渡れる。⬆⬆⬆

タオ島午前中は人も少なく、海の透明度も高い。キレイな魚が群れをなして泳いでいるのが、浅いところでも見れる。⬆⬆⬆

 

タオ島すぐに、パラソルとチェアー埋まってしまうので、早めに借りる事をお勧めする。ビーチチェアー二席とパラソルで、300バーツだ。(約1000円)そうしないと、午後の強い日差しで丸こげになってしまう。

タオ島タオ島ナンユアン島のビーチ⬆⬆⬆

 

ナンユアン島情報

住所: 46 Moo 1, Tumbon Koh Tao, Amphur Koh Pha-Ngan 84360

アクセス:サムイ島から大型高速船で1時間45分程度/タオ島からは小型ボートをチャーターして30分程

料金: 島に入る際に100バーツが必要
入島について:ぺットボトルの水は、入島の際に置いていかなければなりません

島の情報:バーが1つあり、簡単な食事もできる(フライドライスやピザなどやジュース、ビール、カクテルも飲める。)

 

素晴らしい透明度の海が堪能できるので、はるばるナンユアン島まできて良かった。

顔をつけるだけで、熱帯魚の大群が観れたのは驚いた。

小笠原や、サムイ島で素晴らしい魚を見た事はあるが、あれだけ身近で大きな熱帯魚が悠々と泳いでいるのは、みた事がなかった。

まさにゆったり泳いでいるのが南国情緒たっぷりで良かった。

いろんな種類の大きめの熱帯魚が間近で観れるのは、嬉しい。

それと、海の透明度が高いのは午前中だろう。なぜならば午後にさしかかるにつれ、大勢の観光客が島に渡って来る。すると海も若干濁るし、なんといっても、ビーチパラソルとチェアーに限りがあるので、是非午前中に入って確保した方が良いだろう。なぜなら、あの炎天下のなか午後に日焼けをしたら、やけどになってしまうだろう。

俺のナンユアン島の印象だが、ビーチにパラソルの下ぼーっとするには最適な島なのではないだろうか。俺はこれまで海といえば素潜りやシュノーケリングをする方が好きだったのだが、パラソルの下、ただぼーっとするのも悪くないと思ったぞー。

 

サムイ島からタオ島へいってきた・・・

 

-旅行
-,

© 2020 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5