旅行

サムイ島からタオ島へいってみた・・・

2016年1月3日

 

2015年の12月31日、大晦日にタイの南にあるサムイ島からタオ島にいってきた。

タオ島とは?

タオ島は、サムイ島から北に70km離れた島で、サムイ島周辺では最も透明度が高い島。

たくさんの珊瑚礁に囲まれゆったり過ごすのに最適な場所です。

サムイ島からは約2時間程、大型高速船に乗っていく事ができる。

昔のサムイ島のように、まだ未開の道路や自然が残っており、静かにバカンスを楽しみたい人にはピッタリの島だ。

タオ島メーハード港からセンシパラダイスを望む⬆⬆⬆

俺は、日本からJALでバンコクまでいき、そこから国内線(バンコクエアライン)で乗り継いでサムイ島に入った。

俺は日本からサムイ王国という会社に国際電話とメールで予約しておいたので、サムイ空港のミーティングスポットに到着時間に既にスタッフがプラカードを持って、待っていてくれた。

ミーティングポイントサムイ島の空港のミーティングポイント⬆⬆⬆

サムイ王国のスタッフは、日本語はしゃべれないが、英語はしゃべる事ができ、約束にも遅れる事もなくとても感じがよかった。インターネットで調べるとすぐに出て来る。オススメだ。

そしてそのまま、サムイ王国のスタッフが、車に乗せてくれてメナム港という大型高速船の乗り場まで連れて行ってくれた。

サムイの風景サムイ島はトヨタ車が多い(このハイエースにような車を貸し切って移動してくれた)⬆⬆⬆

そこで、約三時間、マンゴーシェイクやフライドライス(エビ入り)を食べながらのんびり過ごして、ロンバヤー社の大型高速船で、PM12:30にサムイのメナム港から二時間かけて、PM14:30にタオ島のメーハード港に到着した。

金額は往復850バーツが必要だ。ちなみに、空港〜ボート乗り場までの送迎は一台700バーツが必要だった。

マンゴーシェイクマンゴーシェイクとココナッツシェイク、どちらも美味しい♪90バーツくらいだった。⬆⬆⬆

タオ島への船内タオ島へ向かう船内⬆⬆⬆

タオ島へ向かう船内水しぶきかスコールかわからないが窓に水がかかる⬆⬆⬆

タオ島到着タオ島に到着⬆⬆⬆

タオ島から移動タオ島の港から宿(センシパラダイス)へ移動⬆⬆⬆

9932宿(センシパラダイス)に着くとウェルカムドリンクでお迎えしてくれる

9940レストランでは、ココナッツジュースも美味しい。

もちろん伝統的なタイ料理(トムヤンクンやフライドライスウィズシュリンプ(エビ入りタイ風チャーハン)等は美味しく、毎回頼んで食べていた。

センシパラダイスバンガローはこんな感じで、高床式だ

センシパラダイスこんなこじんまりした建物もある

0029プールで泳いだあとは、こんな風に乾かせばすぐに海パンも乾く

7252まさに微笑みの国だ

センシパラダイスこんなきれいなプールではゆったりとココナッツジュースを飲みながら過ごすと気持ちいいぞ。

後日、タオ島からナンユアン島にもいってみたのだが、素晴らしいバカンスが待っていた。その様子は下記の記事にしてみた。

タオ島からナンユアン島へいってみた・・・

-旅行
-, ,

© 2020 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5