CANON EOS 6D Mark Ⅱ

フルサイズカメラ「EOS 6D Mark Ⅱ」を購入するメリット

2021年1月24日

6dmark2

デジタル一眼レフカメラの中で、エントリーモデルとして人気のあるAPS-C規格(焦点距離×1.6倍Canon製の場合)。

私も以前はcannon70dを使用してました。

今回はランクアップしてフルサイズ一眼を購入しようと検討した結果、フルサイズカメラ「EOS 6D Mark Ⅱ」を購入。

フルサイズ一眼はAPS-Cと比べ望遠は効かないというデメリットもありますが、WEBディレクターとして、建物の室内写真を大きな画角で撮影したい私にとって、最適なフルサイズ一眼カメラとなりました。

プロや上級者を中心に絶大な人気を集めるフルサイズ一眼ですが、私もこの「EOS 6D Mark Ⅱ」を購入して良かったな〜と心から思います。

「EOS 6D Mark Ⅱ」は有効画素数約2620万画素フルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC 7」を搭載した、ハイアマチュアユーザー向け一眼レフカメラです。

EOSシリーズのフルサイズセンサー搭載モデルにおいて、初めてバリアングル液晶モニターを採用しているので自撮りして、Youtubeにアップも可能です。

今回は私がフルサイズ一眼「EOS 6D Mark Ⅱ」を購入して良かったなという点(メリット)をご紹介します。

Canon EOS 6D MARK2 ボディ
by カエレバ

 

フルサイズカメラ「EOS 6D Mark Ⅱ」を購入するメリット

その1.軽さと手に持った際の大きさが丁度良い

出張して撮影の多い私としては、軽さが大事でした。軽くてフルサイズ一眼レフでCannonとなるとこの「EOS 6D Mark Ⅱ」が一番良かったです。EOS 5D Mark IVのボディーが800gに対し、「EOS 6D Mark Ⅱ」は685gと軽く、この差は大きいと判断しました。重いボディだと非力な私は手ぶれの原因にもなるので、軽いというのは必須条件でした。

あとは、手に持った感じの大きさが、ちょうどいい。

両手で抑えた感じがとてもしっくりくる感じで、シャッターを押すのが心地良かったのが決め手となりました。

私は手が小さい方なので、5Dを実際に手に持ってみましたが正直大きくて、取り回しが厳しいと判断しました。

モデル名 EOS 6D Mark II
撮像画面サイズ フルサイズ(約35.9×24.0mm)
映像素子型式 CMOSセンサー
映像エンジン DIGIC7
有効画素数 2620万画素
オートフォーカス方式 専用AFセンサーによるTTL二次結像位相差検出方式
測距点 最大45点
常用ISO感度 ISO100~40000
シャッター速度 1/4000秒~30秒、バルブ
連続撮影速度 最高約6.5コマ/秒
画面 ワイド3.0型/約104万ドット
Wi-Fi搭載
NFC搭載
Bluetooth搭載
大きさ 約144.0(幅)×110.5(高さ)×74.8(奥行)mm
質量(CIPA) 約765g

その2.バリアングル液晶を採用している

EOS 6D Mark IIは、バリアングル液晶を採用しているのでファインダーを覗けない高さでも液晶を見ながら撮影することができます。

EOSシリーズのフルサイズセンサー搭載モデルにおいて、初めてバリアングル液晶モニターを採用したのがEOS 6D Mark II。前方向約180度、うしろ方向約90度、水平方向約175度に動きます。

例えば、すごく高い位置からや、地面すれすれからとる場合も液晶を見ながら撮影ができるのが利点です。

自撮りをする場合もとても便利です。

 

その3.高画質ながら低価格を実現している

EOS 6D Mark IIは、フルサイズ一眼として必要な高画質を満たしながら低価格を実現しています。

高いコストパフォーマンスこれこそがフルサイズ初心者にとって大きな魅力となります。

更に、2017年8月4日発売と現時点で発売から3年を経過しており価格もこなれてきています。

もちろん上位モデルであるEOS 5D Mark IVと比較すると連続撮影速度やAF性能において劣る部分はあります。

しかし、画質面や高感度耐性に関して上位モデルと遜色ない仕上がりを実現するEOS 6D Mark IIフルサイズ初心者にとって手に入れやすく、持ち歩きにも有利なおすすめの機種なのです。

 

その4.今まで撮れなかった広角の写真撮影が可能になる

例えば、建物の内観を撮影する場合、どうしてもフルサイズでしか撮れないカットというものもあります。

フルサイズ一眼レフであるEOS 6D Mark IIならWEBディレクター目線で撮りたい画角のカットが撮れるようになります。

 

その.5高品質なレンズとの組み合わせで綺麗な写真が撮れる

・プロ向けの「L(Luxury)レンズ」に入る一標準ズームレンズです。
・「EF24-70mm F2.8L USM」(2002年9月発売)の後継機。約15%軽量化している。

Canon レンズ EF24-70F2.8L 2 USM
by カエレバ

 

 

 

まとめ

EOS 6D Mark IIは、軽量・小型ボディ&バリアングル液晶・高速オートフォーカス高精細フルサイズCMOSセンサーを採用した気軽にフルサイズ一眼を楽しめる高性能なカメラです。

初心者にもおすすめのフルサイズ一眼で「使って楽しい」「ストレスを感じない」のがいちばんのオススメポイントですね。

 

-CANON EOS 6D Mark Ⅱ

© 2021 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5