お店

ドトールコーヒーの朝カフェ・セットB 3種のチーズとベーコン・エッグがおすすめな3つの理由

2020年2月11日

WEBディレクターのYOです。

朝はコンビニコーヒーにサンドウィッチが定番だが、結構コストがかかるのが悩み。

例えば、コーヒー¥100とサンドウィッチ¥298を選ぶと¥398になる。

で、私だったら同じ¥398を出すのなら、より満足度の高い、ドトールコーヒー朝カフェ・セットB 3種のチーズとベーコン・エッグを選ぶ。

3種のチーズとベーコン・エッグ

 

ドトールコーヒーの朝カフェ・セットB 3種のチーズとベーコン・エッグがおすすめな3つの理由

 

理由その1:鮮度の高いコーヒーがコンビニコーヒーより旨い。

ドトールコーヒー

ドトールのコーヒーは豆を生産するエリアを指定し、さらにピンポイントに農場や品種、コーヒーの木を指定して輸入したりしている。

保管されているコーヒー豆は、その日に使う分だけが毎日、焙煎工場に運ばれ「焙煎」後の豆の鮮度のコントロールにも、工夫が凝らされている。

お店からオーダーをもらった分だけ、工場でコーヒー豆を焙煎し、お店は基本的に、古い豆の在庫を持たない。

だからドトールのコーヒーはいつも新鮮で香りも良く美味しい。

コンビニのコーヒーも悪くはないが、ドトールの入れたてのコーヒーは嫌な苦味もなく格別に美味しい。

理由その2:寒い冬にお腹に優しいホットサンドが旨い。

ドトールモーニング

寒い季節にぴったりのあつあつホットサンドが朝から嬉しい。

ベーコンとスクランブルエッグに3種のチーズがとろ〜りとした状態でホットサンドに挟まれている。

山口県油谷島産の塩を使用した味わい深いポモドーロソース、まろやかなスクランブルエッグ、3種のチーズ(ゴーダ、モッツァレラ、チェダー)が絶妙にマッチして病みつきになる旨さだ。

冷たいコンビニのサンドイッチと比べると圧倒的に満足度が高い。

 

理由その3:朝の忙しい朝食でも手が汚れない。

ドトールモーニング

この美味しいホットサンドを包む紙の素材が工夫されていて、ホットサンドを直接手で触らなくても美味しく頂けるので、慌ただしい朝食時にも最適だ。

ニューヨーカーが朝から紙に包まれたホットドックにコーヒーを飲んでいる姿をイメージして、朝からバリバリ仕事がしたくなる。

量より質を求める方にはコストパフォーマンスも悪くないモーニングセットです。

美味しいコーヒーとモーニングで気分を上げて1日を始めれば、きっと良い1日となるはず。

おすすめです。

-お店

© 2020 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5