書評

【感想】森岡 毅 著 誰もが人を動かせる!「あなたの人生を変えるリーダーシップ革命」

2021年9月26日

WEBディレクターとしてWEBのディレクションを行う上で、大切なことの一つにリーダーシップが挙げられる。

そのリーダーシップについて、わかりやすく噛み砕いて解説してくれているのが「誰もが人を動かせる!あなたの人生を変えるリーダーシップ革命」です。
プロジェクトを動かす上においても、人生においても役立つ本なので是非紹介したい。

誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命 /日経BP/森岡毅
by カエレバ

 

 

この森岡さんの「誰もが人を動かせる!あなたの人生を変えるリーダーシップ革命」を読むと、何故リーダーシップが必要か?やリーダーシップを発揮するメリットが理解できます。

この本はUSJを強烈なリーダーシップで立ち直らせた森岡さんならではの言葉で綴られており説得力があります。

私も是非、今よりもリーダーシップを発揮して多くのプロジェクトを成功させたいという思いで読み込みました。
皆様にその感想をシェアいたします。

本気の連鎖を生み出すコツ

森岡さんは、褒めるより「認める」ことにより自立したプロを育てるように相手を尊重するといいます。
そのことにより相手の人生を本気にさせる。とも。

この考え方は身近にそういう素晴らしい人がいた場合よく理解できます。

実際に同じような経験がある私には、とても良くわかる。

一見、冷たく冷静に事実を告げられたかに見える言葉の裏に、期待やコミットすべきことへの本気度を感じることがある。

褒めると言うよりも愛するとか感謝すると言う言葉に近いのですがその人の持っている仏の部分にありがたく手を合わせる感覚です。

と言われる、森岡さんのこの言葉は読んでいて、はっとさせられた。
と同時に、以前、そのようなことばをかけていただいた方に対する、感謝の念が湧き起こってきた。

今の状況は決して悪い訳ではないが、まだまだ成長痛を楽しみながら、しっかりやっていかなければならないことを再認識する。
そして覚悟を、決めるきっかけとなる一冊になった。

ナイスであるためにはクールでなければなならない

その話し合いの中から相手が「よし!変えてみよう、挑戦してみよう!」と自ら決心することを狙うには曖昧なことを言ってはダメです。
自分が嫌われることも避けてはいけません。
誠実に本音を話す、そしてこれはコツですが最後に私が信じる相手の仏の部分へのポジティブな思いとその変わった後のマインドセットが巻き起こす相乗効果への期待について前向きなエネルギーを注ぎこみます。
そうやって話し合いの最後の語感に必ず相手にとっての希望を埋め込むのです。

相手の仏の部分を見つけて尊重するできるだけ対等な関係のまま強固な信頼で結ばれるだからこそ相手はあなたと共有する目的を自分のやりたいこととして主体的を持って必死に追いかけてくれるようになります

人を動かすとはそうやって主体性を持って自分事として動く本気になる人の連鎖を仕掛けていくことだと私は考えています

引用 誰もが人を動かせる!「あなたの人生を変えるリーダーシップ革命」P165〜170

上記の言葉から、学ぶべきは、嫌われることも避けてはいけない
相手の仏の部分へのポジティブな思いと相乗効果への期待について前向きなエネルギーを注ぎこむというところがヒントになる。
これは、実際に、そういった経験をした際の感想として、ものすごくポジティブに物事を捉えることができる。
そして本気になるし、期待に応えようともなる。結果的に現状をしっかりと見つめ直す事になる。
特に褒められるとすぐに有頂天になってしまう私のような性格の人には、このような「認める」という方法が良いと感じる。

-書評

© 2021 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5