お店

「たまプラーザ・あざみ野界隈」で旨いらーめんは雅楽の「みそラーメン」

2019年11月8日

らーめん雅楽

雅楽のみそらーめん。ランチタイムは小さいライスも無料でつけられる。

俺はたま〜に、味噌ラーメンが食べたくなる。

なぜかというと、小学校時代に初めて食べた、「どさんこ」の味噌ラーメンが鮮烈に美味しかったので、そのイメージをいまだに追い続けているのだと思う。

最近グルテンフリーを目指している俺が、たまには自分自身を許すという意味で、満を辞して、久々に昼から味噌ラーメンを食べに行ってみた。

ここは、たまプラーザとあざみ野の中間あたりにある味噌ラーメンが人気のらーめん「雅楽」さん。

gagaku4

らーめん雅楽さん

結果からいうと、大正解!最高に旨い味噌ラーメンでした。
たまプラーザ〜あざみ野界隈で安定の旨さを作り続けてらっしゃいます。

まず、店内はキレイで清潔感があるので、近所で働くOLさんや女性客も多い。

カウンターテーブルと入口付近にテーブル席が一つ。

テーブル席も含めカウンター席も常に満員で、俺の前に二人前並んでましたが、すぐに順番が来て入れた。

らーめん雅楽

名物である、みそらーめん880円を選ぶ。

スタッフのお姉さんにお聞きした所、味噌はなんと7種類の国産にこだわった味噌とスパイスを合わせているとのこと。

以前「足し算の美学」でつくっている、と哲学的な説明までしていただいた事もある。

スープは、ブタ、とり、魚介のトリプルスープで深みがあるスープ。

スープも好みが選べて、今回はこってりを選んだ。他にはあっさりとスパイシーが選べる。

味噌のスープが最初から濃厚だから中太麺によく合う。麺はつるつるしていて丁度私の好み。特に後半からは、スープが特に麺に絡んで濃厚な味わいとなる。

具に関しては、チャーシューがちょうど良い厚さで味も濃過ぎず旨さを感じるチャーシューだ。

そして、少しだけ茹でた感じのゆでたもやしがシャキシャキしていて麺とともに咀嚼すると心地よい。コーン・細かく刻んだニラとバランス良く順番にいただく。

らーめん雅楽

山椒と一味唐辛子をいれたりしながら最後迄、全く飽きがこない。

そして完食。

完食したのに、夜までずーっと、胃がもたれない。

いかにこだわって、いい素材を選んで使用しているのかがよくわかる。

愛情を感じる〜雅楽のみそらーめんでした。

お店の名前:雅楽(がらく)
神奈川県横浜市青葉区新石川2-15-1 第2グリーンシティビル
TEL:045-511-8811
最寄り駅:東急田園都市線 あざみ野駅 徒歩3分

みそらーめん 880円

特みそらーめん 1160円

濃厚胡麻みそ担々麺 1050円

生揚げ醤油らーめん 830円

他、醤油らーめん系も多数あり。

実は、醤油らーめんもかなりのこだわり、なので、おすすめです!

-お店

© 2020 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5