料理

親子丼を栗原はるみさんのように作るつもりが・・・

2020年3月19日

栗原はるみ親子丼

卵がふわっとろ〜〜の親子丼って美味しいよね!!!

という事で、栗原はるみさんの親子丼をつくってみた。

 

この料理にかかる時間

約8分です】

親子丼を栗原はるみさんのレシピを見ながら一人分の分量で作ってみた。

しかも、1人分ずつつくれる親子丼鍋ではなく、普通の鍋をつかって作ってみたよ。

結果は、めちゃめちゃ美味しい親子丼が出来上がり、そばにいた中二の息子に食べさせたら、親子丼史上一番旨いとの評価をもらった!!!

栗原はるみさん、ありがとう!!

パセリも苦くなくて美味しい、という息子に、これは三ツ葉っていうんだよ(^_^;)

と教えることもできた。

【材料】

栗原はるみ親子丼

(1人分)
・鶏もも肉 (100g)

・たまねぎ 1/4コ(50g)

・卵 2コ

・みつば 適量 ※2cm程度に切る。

・温かいご飯

【調味料】

・だし カップ1/4

・しょうゆ 大さじ1.5

・砂糖 大さじ1

・みりん 大さじ1

 

【作り方】

栗原はるみ親子丼

たまねぎは半分の半分(1/4)を、4~5mm幅の薄切りに。鶏肉は脂身を取り除き、2.5cm角に切る。

   ⬇

調味料を混ぜ合わせ、砂糖をきっちり溶かす。

   ⬇

卵は別の容器に2つ割り入れ、かき混ぜる。

   ⬇

調味料を鍋に入れて、中火で煮立てる。鶏肉を加え、少し煮て色が変わってきたら、たまねぎを加える。煮立ったら弱めの中火にする。ふたをして鶏肉に火が通るまで1~2分間煮る。鶏肉は煮過ぎないようにする。(固くならない)

ふたを取って中火にして、溶いた卵の2/3を回し入れてふたをする。

約30秒間して卵が半熟状になったら、鍋の縁から残りの溶き卵を回し入れる。

1分程度、煮て三つ葉を加えて、火を止める。ふたをして好みの加減に蒸らす。

ポイントは2回目の卵は、鍋の端の方へまわし入れるのがコツ。

まんべんなく半熟に仕上がる。

栗原はるみ親子丼

栗原はるみ親子丼

丼に移して完成〜〜!!!

栗原はるみさんのレシピなら

大人から子供まで喜ぶ、親子丼が超簡単にできあがります。

栗原はるみさんだったら、きっと手際良く、一人分づつ作るんだろうな〜と妄想しながら作ってみたら・・・

鶏肉も柔らかくて美味しい、プロも顔負けの親子丼が完成したよ!是非やってみて!

で、鍋だけは親子丼用の、一人分づつ作れるのが良い!
おすすめは、こちら↓↓↓

 

-料理
-,

© 2020 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5