WEBディレクター

50代のWEBディレクターがおすすめする転職サイト3選

2019年11月17日

WEBディレクター

俺は50代のWEBディレクターとして、WEB制作&コンサルティングの会社でバリバリ忙しく働いていたんだが、ある日、急に会社の社長から呼ばれた。

頑張ってるな!と褒めてくれるのかな、と思いながら話を聞いてみると「WEB制作を辞めようと思っている・・・」と突然告げられた。

その当時の会社は、WEB制作を中心としたビジネスモデルだったので、一瞬何を言っているのか、理解できなかった。

本当に申し訳ないが、、「あなたに辞めてもらおうと考えている・・・」

と、言われても、すぐには信じられなかった。

あまりにも突然すぎて「あ、はい・・・」としか言葉が出なかった・・・

晴天の霹靂※(せいてんのへきれき)とはこういうことをいうんだな、と思って、思わずググっ他のを覚えている。※突然に生じて大いに人を驚かせるような衝撃的な出来事。

家族を養っていかなければならない、っていうことが真っ先に頭をよぎって、頭がクラクラした。

その日は、ただ呆然として、家族に気づかれないように過ごした。

次の日は、ふとした瞬間に涙が出てきて、情緒不安定に陥った。その次の日も・・・

ただし、今やっているWEBディレクターの仕事には誇りを持っているし、続けたいので、転職サイトで、WEBディレクターの募集を探す事にした。

並行して、ハローワークでも相談し、知人にも相談しながら募集を探した。

何故ならば、以前40歳代で転職をする際に仕事を見つけるのに苦労をした経験があるから。

まずは、下記転職サイトに登録して、ハローワークにも足繁く通った。

下記3サイトは紹介企業例が豊富なので特におすすめです。まずは情報を集めること、現在の自分自身が置かれた状況を把握することから始めるのが吉!でした。

WEBディレクターの転職に最適な転職サイト3選

 

その1:広告・Web業界、宣伝・広報の求人多数!【マスメディアン】



簡単登録はこちら↑↑↑

広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を考えている方にはおすすめです!
このマスメディアン広告・Web・マスコミの分野でNo.1クラスの転職・就職支援会社だからです。
クリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社なので、webディレクターの転職の募集も豊富にあります。

これまでの転職実績やノウハウから企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどもアドバイスしてくれます。

 

その2:【IT専門転職エージェント@PRO人】IT専門転職エージェントとして首都圏でサービス展開中!




簡単登録はこちら↑↑↑

転職希望者の話を徹底的に「聞き」新たな「気づき」を提供してくれる。「IT専門転職エージェント@PRO人」の転職支援サービス提案がモットーです。

その3: 転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。
・リクナビNEXTだけの限定求人が約85% 圧倒的な求人数
地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探せる
・転職した人の約8割が利用している
ここにしかない求人が非常に多いため、 他のサービスとの併用もオススメ

単登録はこちら↓↓↓

 

番外編.ハローワーク

ハローワークは正式には公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っているところです。

特徴としては、他の転職サイトと同じく、無料で求職者は利用でき、なおかつ人材を求める企業側の利用も無料ということが挙げられます。

企業側も無料ということで、どちらかというとお金の潤沢ではない中小企業や、地元密着の企業も多いですが、その分しっかりと情を持って話しを聞いてくれる企業も出てくる確率は高くなります。

私が、真剣に職探しをする際に毎日のようにサイトもチェックして、足しげく通ったのがこのハローワークです。サイトはこちら>https://www.hellowork-search.careers/

ハローワークの職員さんは53歳で突然クビになった私を会話によって励ましてくれた。

話をしていたら、まだまだ人生の可能性を感じさせてくれる。そして応援してくれる。

落ちかけたモチベーションを上げるきっかけを与えてくれたのが、このハローワークです。

そしてWEBディレクターの仕事も中小・零細企業を中心に、数多く登録されています。

転職の情報が集まると余裕が出る

私の場合WEBディレクター、一択なので、まずは、たくさんの求人情報を集めました。

たくさんの情報が集まると、心が落ち着きます。そしてそれをじっくり研究することにより、取捨選択の眼ができてきます。

そうすると、今度は本気で挑むべき転職先が絞れてくるのです。

そうすると、気持ちにも余裕が出て、前向きに気持ちになってくるのです。

まずは、実際にある多くの情報を集めましょう。

自分自身の強みを見つめ直す

その後に、取り組んだのが、自分自身の強みを見つめ直すこと!

ここが実は一番大事です。

50代にもなると、WEBディレクターの経歴が20年を越していました。

そこで今まで、大事にしてきたことや経験を文章化して、履歴書、経歴書にしっかりと書き込んでいきました。妻にもチェックしてもらいながら、夜中まで何度も作り直しました。

そうすることで、今までの自分自身が大切にしてきた価値観や、強みや、次の転職先で実現したい夢がしっかりと見えてきました。

それをしっかり応募用紙に書き込むことにより、書類審査をパスして、面接をもパスすることができました。

webディレクターが転職に必要なたった一つのものとは?

転職サイトでも、ハローワークでも、知り合いからでも、そうなのですが、転職に一番大切なものは、そこにかけるエネルギーというか情熱が大事だと私は思います。

なんでもそうですが、タイミングってあります。

転職の新しい情報もハローワークの新しい求人情報も全て、いつ・どのタイミングで出るか?というのは誰にもわからない。

しかも、出たらすぐに受けに来る人が他にもいるのです。

そういう意味で、人よりも早く、その情報にたどり着き、その応募内容に対していかに自分が貢献できるか、をアピールすることが大事です。

その会社に自分自身が何をもって貢献できるのかをしっかり伝えましょう。

実際私も、50代(53歳)にもかかわらず、いち早く応募して、面接していただき、情熱を伝えること&何で貢献できるのか、を伝えることで、転職することができました!

極論ですが、この情熱さえあれば、履歴書、経歴書、制作事例などを納得いくまで何度も作り直すし、写真なんかも少しでも見栄えの良いように撮り直ししたり、面接時の服装のチェックや髪型や身だしなみにも人一倍気を使って、面接に挑めます。

私は今、53才です。それを年齢的なハンディと捉えるのではなく、経験と捉えて受け入れてくれる企業もあります。

なので、しっかり自分のやってきたことを見直し、出会いのある企業に情熱を持って、何で貢献できるのかを伝えていきましょう。

情熱、大事です!

夜も寝ないで応援してくれる家族のために、

今まで長い間ず〜っと頑張ってきたあなた自身のために頑張っていきましょう!

-WEBディレクター
-,

© 2020 WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ Powered by AFFINGER5