WEBディレクターの仕事の流儀や料理のコツ

妻と子供がにっこりする♪俺の料理やWEBに関する事を紹介します。

未分類

WEBディレクターの転職に最適な転職サイト3選【職人気質なWEBディレクター向け】

投稿日:2019年11月17日 更新日:

WEBディレクター

俺はWEBディレクターとして、バリバリ忙しく働いていたんだが、急に会社の社長から呼ばれた。

頑張ってるな!とか褒めてくれるのかな、と考えながら話を聞いてみると、「WEB制作を事業から削ろうと考えている」と突然告げられた。

その時の会社は、WEB制作中心としたビジネスモデルだったので、一瞬何を言っているのか、理解できなかった。

本当に申し訳ないが、あなたに辞めてもらおうと考えている。

と、言われても、信じられなかった。あまりにも突然すぎて、「あ、はい・・・」としか言葉が出なかった。

晴天の霹靂※(せいてんのへきれき)とはこういうことをいうんだな、と思って、思わずググってしまった。合っていた。※突然に生じて大いに人を驚かせるような衝撃的な出来事。

今まで、どんな苦しい時も頑張って、歯を食いしばって、辛くないと自分に言い聞かせて頑張ってきたのは一体なんのためだったのか?それと、家族を養っていかなければならない、っていうことが真っ先に頭をよぎって、頭がクラクラした。

その日は、ただ呆然として、家族に気づかれないように、過ごした。

次の日は、ふとした瞬間に涙が出てきて、情緒不安定に陥った。その次の日も・・・

ただ、今やっているWEBディレクターの仕事には誇りを持っているし、続けたいので、転職サイトで、WEBディレクターの募集を探す事にした。

平行して、ハローワークでも相談し、知人関係にも相談しながら募集を探している。

何故ならば、以前40歳代で転職をする際に仕事を見つけるのに苦労をした経験があるから。

まずは、下記転職サイトは紹介企業例が豊富なのでおすすめです。

WEBディレクターの転職に最適な転職サイト3選

 

その1:広告・Web業界、宣伝・広報の求人多数!【マスメディアン】



広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を考えている方にはおすすめです!
このマスメディアン広告・Web・マスコミの分野でNo.1クラスの転職・就職支援会社だからです。
クリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社なので、webディレクターの転職の募集も豊富にあります。

これまでの転職実績やノウハウから企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどもアドバイスしてくれます。

 

その2:無料転職支援サービス【ワークポート WORKPORT】


ワークポートは10年以上、IT専門で紹介を行っていた会社ですが、2014年に総合型へと幅を広げています。現在では、全国にオフィスを立ち上げ、各拠点でより専門性の高いサービスの提供を目標に【転職の超プロ集団】として転職活動を徹底的にサポートしてくれます。

その3.ハローワーク

ハローワークは正式には公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っているところです。

特徴としては、他の転職サイトと同じく、無料で求職者は利用でき、なおかつ人材を求める企業側の利用も無料ということが挙げられます。

企業側も無料ということで、どちらかというとお金の潤沢ではない中小企業や、地元密着の企業も多いですが、その分しっかりと情を持って話しを聞いてくれる企業も出てくる確率は高くなります。

私が、真剣に職探しをする際に毎日のようにサイトもチェックして、足しげく通ったのがこのハローワークです。サイトはこちら>https://www.hellowork.go.jp/index.html

ハローワークの職員さんは53歳で突然クビになった私を対話によって励ましてくれました。

まだまだ人生の可能性を感じさせてくれて応援してくれる。

落ちかけたモチベーションを上げるきっかけを与えてくれたのが、このハローワークなんです。

そしてWEBディレクターの仕事も中小・零細企業を中心に、数多く登録されています。

 

webディレクターが転職に必要なたった一つのものとは?

転職サイトでも、ハローワークでも、知り合いからでも、そうなのですが、転職に一番大切なものは、そこにかけるエネルギーというか、情熱だと、私は思います。

なんでもそうですが、タイミングってありまして、転職の情報もハローワークの求人も全てどのタイミングで出るっていうのはわからなくて、出たらすぐに受けに来る人がいるわけで、そういう意味で、人よりも早く、その情報にたどり着き、その応募に対していかに自分が貢献できるか、その会社に情熱を持って伝えることが必要です。

極論ですが、この情熱さえあれば、履歴書、経歴書、制作事例などもしっかり何度も作り直すし、写真なんかも少しでも見栄えの良いように撮り直ししたり、面接時の服装のチェックやクリーニングなんかもバッチりやるようになります。

私は今、53才です。年齢的なハンディーとかは踏まえてなのですが、それを経験と捉えて、受け入れてくれる企業もあります。

なので、しっかり自分のやってきたことを見直し、出会いのある企業に、しっかり情熱を持って伝えていきましょう。

情熱、情熱、情熱です!

夜も寝ないで応援してくれる家族のために、

今まで長い間ず〜っと頑張ってきた自分のためにです。

-未分類
-,

執筆者:

関連記事

ACミランユニフォーム

ACミランのユニフォームに新調したよ!

ACミランのユニフォームをチームのユニフォームとして新調したよ。 (親父チームの新ユニフォームとして) あの本田がイタリアで着てるやつ。 俺、実は地域の親父サッカーチームに所属しており 先週土曜の夜、 …

スペーチが上手くなるには・・・

だいぶ前の話しですが、 神奈川県中小起業家同友会 の横浜支部9月例会があり、 「みんなちがって、みんないい!」 という素晴らしいテーマのもと、 たくさんのいい話しが飛び交う例会に 参加する事が出来まし …

マガジンラックの思い出〜現在まで続くアンバランスがカッコ良いという価値観

いま、昔のワタシの家にあったモダンなマガジンラックを思い出しています。 モダンといっても小さい頃のワタシの感覚でモダンというだけです。ホントはそんなにモダンでなかったかもしれません(過去は美化されるの …

仕事の可視化

営業の仕事を可視化すると起こる5つのメリットとは?

私が最近仕事(営業)に 対し効果があるな〜 と思う事の一つに、 仕事を可視化する という事があります。 私のマーケティングの 師匠に教えてもらって 始めたのですが、 これ凄く効果があります。 可視化= …

読売ランドは混雑もなく、プールもお化け屋敷も楽しめました。

昨日はお盆の初日にもかかわらず、 読売ランドに家族四人で出掛けました。 当初懸念していた、クルマで移動の際の 混雑もなく、スムーズにプールにも入れました。 小学校2年生の息子と小学校6年生の娘も ワタ …